忍者ブログ
高橋和興ファンの戯言
10≪ 2018.11|123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/09 蓮]
[06/18 penguin]
[04/28 小林正明]
[04/10 小林正明]
[04/02 小林正明]
プロフィール
HN:
さくら
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 MLB、マリナーズのイチロー選手が映画「ラスト・サムライ」への出演オファーを断っていたとの報道があった。
 確かに、古畑任三郎に出演した時のイチローの演技は、下手な芸能人よりよほどうまかった。
 しかし、彼は野球選手であり、役者ではない。

 ところで、野球選手というのはイチローに限らず、実は結構演技力があったりする。

 昨日の中日vs広島戦をご覧になった方は少ないと思うが、見ていた人はほぼ全員、ひやりとさせられた。
 延長10回表。広島・マルテ投手の投じた球が中日・井端選手の頭付近に!
 頭を低くして球をよけた井端選手だったが、直後に「ボキッ」という大きな音がして、井端選手はバットを放り出し、右手を押さえてベンチへ猛ダッシュ!
 そのままベンチ裏まで駆け込むという、前代未聞の痛がりように「すわ、骨折か!?」「これで中日のシーズンは終わった!」と誰もが思った。たぶん。
 当然、中日・落合監督はベンチから出て審判に「マルテ投手危険球退場」を要求。
 普段はポーカーフェイスの落合監督があれほど怒ることも珍しい・・・というくらい怒っていて、とにかくすごい緊張感。
 が。
 結局、井端選手はその後、普通に試合に出続けた・・・(判定は普通のデッドボール)

 スロー再生でよく見ると、井端選手がよけた球は井端選手の肩近くを掠めてバットに当たり、高く跳ね返った・・・と。
 え?それって・・・ファール?

 じゃ、みんながめちゃくちゃ心配した井端選手のあの痛がりようは何か、というと、「演技?」と思う人が大半だろう。
 しかし、タブン、違う。
 てこの原理で、球の当たったバッドが跳ねて右手に当たったのが痛かったんだろう。
 ・・・井端選手は痛がりなのだ。

 ここで思い返すと、井端選手がすごい勢いでベンチ裏に駆け込んだにも関わらず、指揮官である落合監督が怪我の程度も確認せずにすぐに審判のところへ抗議に行ったことがちょっと不自然だった。
 そう。監督だけは分かっていたのだ。
 井端選手の怪我がたいしたことはないと・・・
 もちろん、マルテ投手の投じた球はたまたま井端選手の頭部に当たらなかっただけで危険球(になる球)であったことに間違いはなく、監督の抗議はもっともだ。
 しかし、井端選手の怪我がたいしたことではないということだけでなく、落合監督ならデッドボールですらないことまで見抜いていたかもしれない。
 (判定はデッドボールなので、正式な結果はファールではなく、デッドボールである)
 となると、落合監督こそ、すばらしい演技力の持ち主ではないだろうか?


 と、昨日にも増して前置きが長くなったが、それでは、役者の演技力とはどういうものだろう?

 野球選手や監督にも演技力が必要とされる場面はある。
 しかし、それは「選手」の役であり、「監督」の役である。
 「自分の役割を演じている」のであり、他の誰かになるわけではない。

 しかし、役者は違う。
 「自分ではない他者」になることを求められるのだ。 

 和興は疾風翔役でブレイクしたが、その後、フラッシュマンのミラン役ではまったく違う人間になっていた。
 もちろん、ジャンパーソンのジョージ真壁役も、真・雀鬼の村本マスター役も、水流月の島の原田役もそれぞれまったく違う人間だった。
 そして、それらの役の中に高橋和興という個人と似た部分があったとしても、それは高橋和興本人そのものではない。
 それが、役者である、ということだと思う。

 さらに、演じていると言うことを思わせず、また、そこに圧倒的な存在感を感じさせたり、見終わった後に印象に残させたり、ということが「演技がうまい」ことになるのだろう。

 ・・・と、素人の演技と役者の演技の違いを素人(私)が解釈してみたが、要は「和興はイイ」ということが言いたいダケなんだわ、これが。

 

 

PR

 ちょっと前の話になるが、ようやくYahoo!のニューストピックに載ったのでご紹介したい話がある。

 『 セ・リーグは30日、ヤクルト-中日17回戦(29日、神宮)で不手際のあった森健次郎、小林和公、佐々木昌信、深谷篤の4審判員を厳重戒告処分とした。
  この試合の3回、森球審は打者のヤクルト・青木へのカウント2-2からの投球をボールと判定。2-3で続行となる場面で「四球」とし、出塁を認めた。他の審判も誤りに気付かずゲームを進行させた。 』

 通常、4ボールで進塁のところを3ボールで進塁し、誰も気づかなかったと言うのである。
 これには色々と伏線がある。

 1.神宮球場の試合は放映権の関係からか、地上波での中継は少なく、この日もフジ739のみで中継を見ている人も少なかった。
 2.したがって、ラジオ中継に頼るしかないのだが、試合が進行しても実況が解説の話をさえぎることなく、実況しないので、全球を追うことが難しかった。

 しかし、何より一番の原因はコレだ。

 3.中日の投手が中田賢一だった。

 彼はボール球を投げることがとても多く、この日のラジオ中継前に行なわれたクイズでは「1イニング目を15球以内で終えることができる。YESかNOか」というものだったほど。
 (普通に3人を3球三振なら9球で終わるし、打たせて捕る投球ならさらに球数は少なくなるので、15球以内というのはかなり多い方であり、あまりいいことではない)

 ということで、この誤審に対して、中日ファンの反応はおおむね好意的だ。

 「どうせ4ボールになっただろうから、1球投げずに済んだ分、中田投手を休めることができた」
 「打者が青木選手なら、あのまま下手にど真ん中を投げて外野やスタンドへ持っていかれるより、よほど良かった」

 ファンたちの、なんと、中田投手(のコントロール)への信頼の厚いこと!<違う
 受けていた谷繁捕手でさえ、投げていたのが中田投手だから、誤審だと思わなかったと苦笑いしていたらしいし。

 四球といえば普通は怒るところだが、この時は「またか」くらいの反応で、特に怒るファンはいなかったろうと思う。
 ・・・愛されてるなぁ、中田選手。


 さて。
 前置きが長くなったが、我らが和興はファンにどのように思われているのだろう?

 ネットで検索すると、「かっこいい」といった容姿に関するものが圧倒的に多い。
 ただし、これはチェンジマンだったりジャンパーソンだったりとちょっと前の 額が目立たなかった 頃の話。
 最近のもの、と言ってもすでに数年が経過しているが、雀鬼の村本マスターもかなり評判が良かったようだ。

 それから、「思わぬところで出演しているのを見かけてうれしかった」というもの。
 これは千里眼だったりWASABIだったり映画が多い。

 どうも、イメージとしては「初恋の人」「昔あこがれた人」という過去のような気が・・・
 いかん!いかんぞ!
 「初恋はそっとしまって・・・」なんてされてはこれからの和興の台頭が危うい!

 久しぶりの同窓会で会った初恋の人が醜く変わっていたら失望もしようが、大人の色気を身にまとい、真摯に接してもらったらイチコロ!!のハズ。
 ぜひ、和興にはそういう役をどんどん演じて欲しい!
 先日の「水流月の島」の原田役はそういった意味でも非常に良いものだった!

 和興は決して過去が一番良かったわけではない。
 今の方がずっと光っている!額ではなく、演技が。
 私としては、今の高橋和興をたくさんの人に見て欲しい!!


 ということで、先日の舞台、DVD化してください。>K'sプロデュースさま


 

 オールスターと言う割には例年になく地味な印象のオールスターゲームも終了。
 初日の東京ドームではタッキー&翼がゲスト出演したにも関わらず、空席があったという・・・去年の日本シリーズの瞬殺チケット争奪戦とはえらい違いだな。

 さて、人気低迷の野球も観客動員数を増やすのに必死だが、私としては、和興ファンを増やすことに必死になりたい。
 ところで、野球人気の低迷と言われている割には東海地方で中日の人気が落ちているようには思えない、どころか、かえって増しているのではないだろうか?

 なぜだろう?

 恐らく、中日ファンが求めるものを球団が与えているから。

 では、中日ファンが求めるものとはなんだろう?

 先日のブログで、中日ファンはMであると書いた。
 そこから察するに、中日は落合監督ともどもSである必要があるのではないだろうか?

 したがって、ご主人様として「強く」て、「私だけの」という所有感をも満足させ、「ファンをやきもき」させてくれれば最高だ。たぶん。
 この条件を満たしているかどうか、まずは中日から見てみる。

 強さに関して言えば、昨年は日本シリーズ優勝は逃したものの、セリーグでの優勝を果たしているから文句はない。

 私だけの、というアングラ感に関して言えば、これほど地味な球団も珍しい。
 リーグ優勝を果たした球団だと言うのに、全国区レベルの選手というと、福留くらいしか思い浮かばない。
 月間MVPを取った小笠原投手はどのスポーツ番組でもスルーされ、プロ入り11年目にしてオールスター初出場初打席HRを打った森野選手は地元スポーツ紙でも一面トップを飾れなかった。

 ファンをやきもきさせる点でもカンペキだ。
 「守りの野球」の代表格である中日が、今年のエラー数はダントツ!
 さらに、やる気のなさでは球団どころかリーグ、いや、プロ野球界一のイ・ビョンギュ選手のスタメン起用。
 野球だけではない。球団広報もこの点には一役買っている。
 新聞社が親会社とは思えない、十二球団一センスのないHP。
 見栄えだけではなく、インターフェースも良くない。
 更新も遅い。欲しい情報が載っていないetc


 では、Sである和興もこの条件に当てはめてみよう。

 強さ・・・電撃戦隊出身であるから、これはカンペキ!

 私だけの・・・という地味さ。ルックスはいいが、世間的な認知度の低さはかなり地味。これも、不本意ながら、まぁ、合格。

 ファンをやきもきさせる点でも、先日書いたように、18禁に出てみたり役者を休んでみたり、本人の行動はSそのもの
 情報提供の露出に関しては、今のところ、ここが公認されているが、情報量という点ではまだまだ。
 
 ・・・なんだ。結構、共通点は多いじゃん。
 じゃ、どうして和興のファンって増えないの?



 あ。
 私を含め、和興ファンはMじゃないから????

 

 

 某中日ファンが「落合監督はMに違いない。どうしてあぁまで成績の悪いイ・ビョンギュ選手を使うのか?わざとハンデを背負ってるとしか思えない」と言っていた。
 果たしてそうだろうか?
 この某中日ファンのように、今期の中日スタメンについてはやきもきしているファンが多いようだ。
 ということは、落合監督が自分をいじめているのではなく、中日ファンをやきもきさせるために選手起用をしている可能性もある。
 もしそうであれば、落合監督はMではなくSである。
 そして、そんな落合監督を慕う中日ファンはMである。たぶん。
 ・・・ただ、昨日の監督コメントの多さからすると、チームがのっぴきならない状況であることは間違いなさそうだが。(落合監督はチーム状況が悪い時ほど饒舌になる)


 さて、それでは我らが和興はSか?Mか?

 これは分析するまでもない。


 Sである。(キッパリ)


 3年もの間、役者生活から遠のき、ようやく復帰したと思ったら「俺を見たければ、そっちから来い」と言わんばかりの舞台仕事。
 そしてようやくその麗しい姿を見ることができたと思ったら、次の舞台は秋・・・・・・


 私の愛を試しているとしか思えないこの仕事間隔!

 ふっ。だけどお生憎様。
 ファン歴20年以上だけど、Vシネでの活動とか知らなかった空白の時期が10年以上あってよ!
 その間、ずっと思い出だけで生きてきたんだから、これくらいの仕打ちじゃへこたれないわ!
 なんなら、どちらが先に音を上げるか、勝負してみる?<誰とだよ

 

 ・・・嘘です。ごめんなさい。
 私はツンデレではあっても、Mではないんです。
 和興の仕事が増え、ファンが増えるほど私の自尊心は満足するのです
 ぜひとも私の存在がかき消されるくらいの活躍とファン増を願うばかりです。

 ちなみにこんなの↓みつけました。S度、M度、N度(ノーマル度)が分かるそうです。
 http://www.nawa.jp/smntest.html

 

 昨日の通勤電車内で女子高生同士の会話が聞こえてきた。
 これが、ちょっと理解に苦しむ発言だった。

 「今日、キスシーンがあるから絶対に見なきゃ


 ・・・なんですと?

 どうやら、『花さかりの君たちへイケメンパラダイス』というドラマで、男装して男子校にもぐりこんだ女子高生と男子校の男子生徒がキスをする、というシーンがあり、上記発言の彼女はどうやら男子高生役のファンらしい。
 で、そのキスシーンを見逃したくないと言っているのだ。
 ・・・そういうもんか?

 さて。
 どうにも違和感を感じた私は、我が身を振り返って違和感の正体を探ってみた。
 我らが高橋和興氏はこれまで数々のラブ・シーンを演じてきたわけだが、ファンとして、それらのシーンをどう見てきたか?また、キスシーンがあると分かって、あえて「絶対に見なきゃ」という心理になるものだろうか?

 ・・・ならんだろう。

 和興を見たい一身でドラマやVシネを見、その中にラブシーンがある、ということはあっても、「和興のラブシーンが見たいから」という理由でそれらを見ることは、ない。

 ラブシーンを見たときはたいてい

「(TVの向こうの相手役に向かって)私に代われ」。
注:目は据わっている


 ・・・え?そんなもんじゃないの?


 大体さぁ、和興のラブシーン見て、手の内知っちゃったら、本番でドキドキできないじゃん<あほ


 あ~、あの女子高生は自分の好きな芸能人と自分とは別世界の住人だとか思ってるわけだ。
 あぁ、なるほど、なるほど。
 なかなか身の程わきまえてていい子なんじゃん!

 ・・・って、身の程わきまえない三十路過ぎの私はただのエロババァってこと???

Copyright © HUMBLE BLACK。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]