忍者ブログ
高橋和興ファンの戯言
07≪ 2018.08|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/09 蓮]
[06/18 penguin]
[04/28 小林正明]
[04/10 小林正明]
[04/02 小林正明]
プロフィール
HN:
さくら
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ようやく、ようやくよーやく(くどい?)劇団の公式HPが更新されたので・・・おしらせします!
 詳細は、NEWSに紹介してありますので、そちらでご確認ください!→NOBLE BLACK


 さて。
 次の舞台もがっつり役者魂を見せてくれるであろう、我らが和興。
 当然、これからは今まで以上に忙しくなるハズ。

 今回の舞台も殺陣があるのか?<病院内なのに?
 もっと激しい動きを要求されるのか?
 美しい役なのか、汚れ役なのか?
 はたまた、お笑い系か???

 それらを想像するのがファンの楽しみ。
 ・・・いやぁ、ファンをやっていて良かった

 しかし、和興にとっては、どんな役であろうとも、これからしばらく体力との戦いとも言える。
 ここはひとつ、栄養ドリンクにアミノ酸を鬼のように摂って、疲れを持ち越さないようにして欲しい。
 そして舞台終演後のカーテンコールで気高い姿を見せて欲しい!!
 ・・・井上康生選手のような投げKissはいりません。えぇ、いりませんとも!<大衆の面前で鼻血大量出血死は避けたいですから<その前に、そんなことしてもらえないってっ!

 

 ※井上康生選手投げKiss事件(?)
  2003年だかの世界柔道の事前インタビューで、インタビュアーだった藤原紀香に「金メダルだったら投げKissする」と約束し、本当に投げKissをした件。
  おかげで、一時、二人の仲が噂になったが、藤原紀香にその気がなかったのか、すぐに終息した。

 

 

 

PR
 昨日は疲れ果てて帰ってきて、ソッコーでベッド行き。
 最近の猛暑と社内&車内の冷房で体力的にへばってきているところへ、お盆休み前の仕事の山・・・
 ということで、ちょっと更新が滞ります。

 いつもご訪問してきてくださっている方、ごめんなさい!!
 朝、冷房対策で着たカーディガンが裏返しだったことに帰りに気づいたさくらです、こんばんは。<誰か注意してくれよ!

 さて、これまで私はここで和興への愛を声を大にして誓ってきた。
 和興がどんな役をやろうが、私はかまわない、応援する!と・・・

 しかし!
 今日、地下鉄で乗り合わせた男性の役だけは勘弁して欲しい

 年のころは30歳後半~40歳代。
 比較的こざっぱりとした、どこにでもいる休日の会社員といった格好。
 乗り合わせたのは約20分間。

 その間、彼はずーっと鼻をほじっていたのだ!!

 無表情に。
 手にしたメモを見ながら。
 右手が終わると次は左手で・・・

 何!?なんなの?
 不快を通り越して怖い!

 何が怖いかって言うと、あまりにも周りに無関心なその態度。
 周りに無関心なだけなら、公衆トイレの個室同士や個室と手洗い場などでプライベートなことをそこそこ大きな声で話している人や電車の中など公衆の面前で顔を作っている人etc結構いるけど、そういう人たちは言葉を使っていたり、特定の人に対してきれいに見せたいと思っていたり、「一応、言葉は通じるようだ」と思える。
 だけど、今日見かけた人は、そうじゃない。

 なんで?こんなに人がいるのに平気なの?
 なんかのプレイ???

 さっぱり分からない。
 たとえるなら、昆虫を怖いというのに似てるかな。
 虫が自分に向かって飛んでくるのが怖いって、意思の疎通が図れないから、だと思う。
 今日見かけた人はまさにそんな感じ。

 こんな役を和興にやられたら・・・
 無理!絶対、無理!
 怖すぎる!!
 ヤ○ザものより、よっぽど見られない!!
 ごめんなさい!

 と、昼間の地下鉄という、思わぬところで和興を裏切ってしまったことに、軽いショックを受けているさくらでした。

 ナマ和興を見てからこっち、リニューアルだの移転だのブログ開設だの、怠慢管理人の割には日々、頑張っている。
 そのうちこの頑張りも力尽きるのではないかと思うが、それが本来の姿だということでご容赦願いたい。
 もちろん、和興本人から「仕事入ったよ。告知して!」と言われたらソッコーで大々的に宣伝させていただくが。

 そう。
 和興との連絡・・・
 果たしてどんなもんかとみなさん気になるところだろう。
 先日の観劇後に連絡先を教えてもらい、「どんな些細な質問でもしてくれていいよ」とありがたいお言葉も賜っているのだ、実は。

 しかし、何を連絡、質問すればいいのやら・・・
 ここでのキャラとは裏腹に、私は意外と気が小さい。(リアルでも誰も信じちゃくれないが。自分では「ノミの心臓に太い毛が一本生えている」と思っている)
 くだらない質問をして「こいつ、連絡していいってリップサービス、真に受けてるよ」と思われたり、「ホントに細かい質問をいくつもいくつも・・・ウザイ・・・」と不愉快にさせたり・・・と、イヤ~な想像ばかりが頭を駆け巡る。
 だが、あまりに連絡しないのも失礼かも・・・?
 というわけで、いろいろとシミュレーションしてみた。


 ま、最初は挨拶だよね。

 「高橋さん、こんにちは。名古屋は蒸し暑くてじめじめしていますが、東京はいかがですか?」

 ・・・東京の天気ぐらいネットで見ろよ<自分
 やっぱ、一番気になることを訊くのがいいだろう。

 「高橋さん、こんにちは。最近、お仕事の方はいかがですか?」

 ・・・それは本人から連絡くれるだろう、たぶん。
 つーか、役者仕事が入ってなかったら、その質問って地雷踏むことにならね?
 じゃ、やっぱりアレだ!

 「高橋さん、こんにちは。今、何してるんですか?」

 ストーカーかよ!<自分

 そのうち下着の色とか形とか聞き出すんじゃないだろうな・・・
 まぁ、下着の色や形を聞いたところで中身がないんじゃ意味ないと思うが<中身?

 あー、自分のことを伝えるとか?

 「高橋さん、こんにちは。ファン歴20年以上のオバファンです」

 ・・・知ってるっちゅーねん。
 つーか、自分でオバと認めるな。悲しくなるだろ。

 

 あれこれ考えた挙句、伝えたのは・・・

 「新コーナーとしてブログを開設しました」

 

 ・・・というわけで、ついにこのイカレた妄想書き逃げブログの存在も和興本人の知るところと相成りました。

  さぁ、このブログの今後の運命はいかに!???

Copyright © HUMBLE BLACK。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]