忍者ブログ
高橋和興ファンの戯言
10≪ 2018.11|123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/09 蓮]
[06/18 penguin]
[04/28 小林正明]
[04/10 小林正明]
[04/02 小林正明]
プロフィール
HN:
さくら
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「先生?」
 名古屋に帰ってもどうにも事件のことが頭を離れない名取。
 助手の本村健太郎が心配そうに声をかける。
 「あの打撲痕、どうしてできたのかしらね?」
 「打撲痕、ですか?」
 「被害者のさくらさんの頭部にあった打撲痕よ。殴られたというより、突かれたような感じだったでしょ。何でできたのかしら?それに、あの気管に詰まってた鼻血・・・」
 「鼻血?」
 「そうよ。他に傷はなかったもの。あれは大量の鼻血が気管に流れ込んで窒息したのよ。だけど、顔はきれいだったでしょ?それが不思議なのよねぇ」
 ・・・なんと、さくらの死因は鼻血だと言う。
 「とにかく、あの打撲痕と鼻血の原因を調べなきゃ!本村君、やるわよ!」
 「それは・・・ひょっとして・・・」
 「そうよ!君が実験台!さ、ぐずぐずしてないでさっさと始めましょう!」
 こうして本村はいつもの通り、名取の実験台になるのだった・・・

 「このたびはご愁傷様です」
 喪服に身を包んだ川村ゆきえがさくらの両親に頭を下げる。
 「川村さん、こちらこそ、さくらが大変お世話になって・・・さくらを見つけてくださってありがとうございました」
 「そんな、頭を上げてください。私がもっと早く先輩を訪ねていればこんなことにはならなかったかもしれないのに・・・」
 「いいえ。この暑い名古屋で、亡くなってすぐに見つけていただいただけで・・・あの子も暑かったでしょう・・・」
 目元にハンカチを当てるさくらの両親。
 ひとしきり話をした後、ゆきえが二人のもとを離れた。
 「川村さん」
 呼ばれて振り向くと、そこには名取が立っていた。
 「こんにちは。私、さくらさんの解剖を担当した監察医の名取です。このたびは大変だったわね」
 「いえ・・・」
 「少し、お話してもいいかしら?」
 「はい・・・?」
 怪訝そうなゆきえ。
 しかし、名取は解する風もない。
 「あなた、さくらさんのお宅にお邪魔したのは何時?」
 「え?警察にはお話しましたけれど、15:00頃です」
 「それ、間違いない?」
 「えぇ」
 「それじゃ、その1時間前くらいに彼女の部屋で掃除機をかけたのは誰なのかしら?」
 「え?掃除機?」
 「そうよ。彼女の部屋の下に住む学生さんが掃除機の音を聞いてるの。彼、彼女が滅多に掃除をしないこと、知ってたわ。それから、あなたが時々掃除をしに来ていたこともね」
 「それは・・・さくら先輩じゃないですか?私がいなくても掃除機をかけることくらいあるでしょう?」
 「あなたが来ると分かっていて?」
 言葉に詰まるゆきえ。
 「それにね、あの掃除機からは誰の指紋も出なかったのよ」
 「指紋がないなら、私じゃないってことですよね?」
 「あなたの指紋がないなら、ね。でも、あの掃除機からは誰の指紋も出なかったの」
 ゆきえには名取の言っている意味が分からない。
 その様を見て取った名取が微笑む。
 「少し話を変えましょう。さくらさんの後頭部に打撲痕があったのはご存知?」
 「えぇ、刑事さんから聞きました」
 「その打撲痕、上から殴ったというより、何かで突いたような痕なの」
 「???」
 「さくらさん、掃除をしない割には輸入物の大きな掃除機を持っているのね。かなり音が大きいけど、吸引力がすごいってやつ。どこもかしこも丈夫にできててかなり重いのね。キャスターがしっかりしてるから普通に掃除する分には構わないけど。でも、輸入物だから私みたいな日本人体系には柄も長すぎるわ」
 はっとするゆきえ。
 「あの掃除機の柄とさくらさんの打撲痕が一致したわ」
 名取の言葉に震えだすゆきえ。
 「まさか、死んじゃうなんて思わなかったんです・・・」
 みるみるうちにゆきえの大きな瞳に涙が溜まっていく。


 あの日。
 昼過ぎにさくらの家を訪ねたゆきえは、いつものように部屋の片付けと掃除を頼まれた。
 休みで、いい加減散らかった部屋をゆきえが片付け、掃除機をかけ始めると、さくらはDVDを見出したのだと言う。
 「うるさいからって、ヘッドフォンをしてたんです、先輩」
 ゆきえはさくらの座っているソファに背を向けて掃除機をかけていた。
 フローリングの上に敷かれた薄いラグを掃除機が吸い込み、勢いよく柄を持ち上げたのと、さくらが画面に映った高橋和興の姿にのけぞったのは、ほぼ同時だった。
 運悪く、掃除機の柄はさくらの後頭部に命中してしまったのだ。
 「先輩!大丈夫ですか!?」
 慌ててさくらの無事を確かめるゆきえ。
 しかし、その時、さくらはまだ生きていた。
 「だ、大丈夫、大丈夫。驚かしてごめんね。和興がかっこよすぎてさぁ、ほら、鼻血まで出ちゃった!この鼻血で記念サインでもしちゃおうかな」
 涙目になりながらも、笑っていたのだと言う。
 ただ、さくらの言うとおり、大量の鼻血が出ていた。
 だから、ゆきえはティッシュボックスを抱えたさくらをおいて、氷を買いに出かけたのだ。
 ところが・・・
 その鼻血は治まることなく、上を向いていた時に、どういう加減か気管に入り込み、気道をふさいでしまったようだった。
 ゆきえが戻ってきた時には、さくらは既に息をしていなかったのだと言う。

 「あの時、氷なんか買いに行かずに、先輩のそばにいたら・・・あんなに血が出ていたんだから、病院に連れて行けばよかった・・・」
 自分が掃除機の柄をぶつけたせいで死んでしまったのかもしれないと思い込んだゆきえは、そのことを言い出せなかったのだと、話した。
 救急車を呼んだゆきえは、大量の鼻血で汚れているさくらの顔をタオルで拭いて、救急車の到着を待った。
 「汚れた顔を他人に見せたくないだろうと思ったんです・・・」  
 名取はゆきえの話を聞いて、警察に一緒に行こう、と促した。
 名取の言葉にゆきえは肯き、二人は警察へと向かうのだった・・・


 事件の顛末を話すために和興に会う名取。
 「そうですか・・・さくらさんは僕のDVDを見て・・・」
 名取の話に、さくらの死に少なからず自分が関わっていたことを知り、和興は暗い表情になる。
 「それでね、ゆきえさんが出て行って一人になったときに、あなたの名前を書いたんじゃないかって話だったわ。彼女、本当にあなたのこと好きだったのね」
 「いつも、大げさなくらいの愛情表現でした」
 元気なさくらを思い出し、口元だけで微笑む和興。
 「彼女の、さくらさんの後輩の方はその後?」
 「ゆきえさんが掃除機の柄をぶつけたことが直接の死因ではないし、彼女が出て行ったのは治療のための氷を買うためだったわけだし。適切な行動ではないけれど、彼女なりにさくらさんのためを思って行動したのと、さくらさんの親御さんも訴えないと言うことで、厳重注意ですんだわ」
 「そうですか。よかった。さくらさんもそのほうが安心するでしょう」
 「やさしいのね」
 名取は和興の言葉に少しだけさくらに嫉妬する。
 「僕にとってさくらさんは、大切なファンの一人ですから。ファンが大切にしている人やものを僕も大切にできればいいと思っているだけですよ」
 「私も、大切に思ってもらえるのかしら」
 ある種の期待をこめて訊く名取に和興は満面の笑顔で答えた。
 「もちろん!また、Glassesにも来てください!・・・と、そろそろ稽古なんで失礼します。よかったら舞台も見に来てくださいね!」
 さわやかな笑顔を残して、大きく手を振りながらその場を後にする和興。
 つられて手を振りながらも、「そういう意味じゃないんだけど・・・」とファン以上の扱いを期待した名取は半泣きの笑顔で和興を見送るのだった。
 

(おわり)

PR

 --東京。
 東京も連日の猛暑でアスファルトから湯気が立ち上っている。
 それでも名古屋の蒸し暑さと比べれば、まだましと言うものだ。
 白い日傘、帽子、手袋・・・と全身白尽くめの名取が白いハンカチで汗を拭きながらとある建物へやってきて、呼び鈴を鳴らした。

 「お帰りなさいませ、お嬢様」
 扉を開けた執事が名取を出迎える。
 「日傘とお帽子をこちらへ。外はお暑うございましたでしょう?すぐに冷たいものをご用意いたします」
 名取から日傘と帽子を受取ると、藤村という名札をつけた執事が、奥のテーブルへと案内する。
 「ありがとう。ところで、今日は高橋は?」
 「ただいま呼んで参ります。少々お待ちくださいませ」
 慣れた様子で藤村に高橋を呼びに行かせる名取。
 まもなく、アイスティーを持って別の執事がやってきた。
 「お呼びでしょうか、お嬢様?」
 「あなたが・・・高橋、和興さん?」
 和興がアイスティーを名取の前にセッティングして「はい。お忘れにおなりですか?」と微笑む。
 その笑顔はこの世のものとは思えぬほど美しく、名取は一目で和興を気に入ってしまう。

 ここは執事喫茶・Glasses。
 役者の高橋和興は、稽古のない時にこの店を手伝っていると言うことを調べ、名取はわざわざ名古屋からやってきたのだ。
 「お嬢様?」
 和興の美しさに見とれていた名取は、和興に呼ばれて我に返る。
 「あ、あ、あの、あなた、さくらさんって知ってるわよね?」
 「さくらさん?名古屋の方でらっしゃいますか?」
 「えぇ、そうよ」
 「はい。存じていますよ」
 「あなたとは、どんな関係なの?」
 「お嬢様、いかがなされたのです?わたくしの事などお聞きになられても面白くはございませんよ」
 「さくらさん、殺されたのよ」
 「え!?」
 名取の言葉に、初めて和興の顔に動揺が走った。
 「さくらさんが・・・?」
 「えぇ。それで、話を聞きたくてここまで来たの。どこかで話せないかしら?」
 「それでは・・・本日は16:00までこちらにおりますので、その後でもよろしいでしょうか?向かいのビルの1階に喫茶店がございますので、そちらではいかがでしょう?」
 「分かったわ。それじゃ、16:00に」
 「かしこまりました」
 深々と礼をして立ち去る和興の後姿をうっとりと見つめる名取。
 こうしてまた一人、高橋和興ファンが増えるのだった・・・

 「お待たせしてしまって、すみません」
 ジーパンに白いシャツと言うラフな恰好でがらりと印象が変わった和興に名取は目が点。
 「高橋、さん?」
 「はい。あの・・・何か?」
 「いえ、ごめんなさい。だいぶ印象が違うものだから」
 「あぁ、執事の衣装の時は、言葉遣いも違いますしね。あの恰好のままの方がよかったですか?」
 「ううん。ラフなのもステキよ。こっちの方が若く見えるし」
 和興の言葉に大きく首を振る名取。
 「ありがとうございます。・・・ところで、さくらさんが殺されたって・・・」
 「あぁ、そうなの。昨日、自宅でね。彼女とは、どういう関係なの?」
 「関係って・・・昔から僕を応援してくれているんです。僕は役者と言っても、ずっと映像の仕事だったので直接ファンの方と会う機会は少なかったんですが、最近は舞台にも出るようになりまして。それを知ったさくらさんが先日の舞台を見に来てくれて、初めてお会いしたんです」
 「それまでは一度もあったことはなかったの?」
 「えぇ。手紙をくれたりしてたので、彼女のことを知ってはいたんですが、会ったのはその時が初めてです」
 「それじゃ、その後は?」
 「実は、それっきり。彼女、名古屋でしょう?僕の舞台がまだ先なので、上京することもないですしね。インターネット上に僕を応援するHPを開いてくれているので、そこへコメントするくらいです」
 「メールのやり取りはしないの?」
 「彼女、時間とか気にするんですよね。僕はいつでもメールしてもらって構わないんですけど。それで、なんとなく直接のやり取りはしなくなっちゃいましたね」
 「そう・・・」
 徐々に和興の美しさに慣れた名取の頭が回転し始めた。
 と、そこへ船越と若手刑事がやってきた。
 「高橋和興さん、ちょっと訊きたいことがあるので署までご同行願いましょう」
 有無を言わさず、両脇から和興を立たせる船越と若手刑事。
 「ちょ、ちょっと何やってんのよ!」
 「一般人はどいて、どいて」
 「一般人って!」
 憤慨する名取を退け、和興を連れて行く船越。
 和興は名取を振り返り、軽く頭を下げて連れられていくのだった。
 「んもうっ!あのバカ刑事!!」

 「ちょっと!なんで高橋さんを連れてくのよ!!」
 銀座中央署で船越に食って掛かる名取。
 「ちょっと、落ち着いてくださいよ。ここは名古屋じゃないんですからね。皆さんにご迷惑がかかるでしょう?」
 「迷惑ならこっちがしてるわよ!いいから高橋さんを出しなさいよ!」
 「だから、落ち着いてくださいって。大体、最初に高橋和興を逮捕しろ、犯人だって言ったのは先生でしょう?」
 船越に指摘され、言葉に詰まる名取。
 「む・・・そ、それはそうだけど・・・でも、ダイイング・メッセージなんて2時間ドラマや推理小説じゃあるまいし、本当にあるわけないじゃない!」
 「おやおや、だいぶ昨日とはご意見が違うようで」
 「う、うるさいわね。人間、日々成長してるんだから、考え方も変わるわよ」
 「できれば、捜査に首を突っ込む癖も変えていただきたいものですな」
 にやにやと意地の悪い船越に名取がキレる。
 「あなた達が私の話を聞かないからでしょう!?」
 バンッ!
 船越がこぶしで机をたたき、真顔で名取をにらむ。
 「警察には警察のやり方がある。裏を取った上で、高橋にも話を聞く必要があるかどうかを判断したんだ。あんたは監察医。警察の仕事は俺達に任せて、監察医は監察医の仕事だけしてればいいんだ。俺達の職場に土足で入ってこないでくれ」
 船越の真剣な表情に、名取もそれ以上何も言えない。
 「・・・裏って?」
 ようやく搾り出したのは、謝罪の言葉ではなかった。
 先生らしいな、と鼻で笑った船越が名取の疑問に答える。
 「この前の舞台、ガイシャは高橋の入り待ち、出待ち、挙句に楽屋にまで直接差し入れを持って行ってるんだ。初観劇者がやることではないよな。しかも、メールアドレスも、その暴挙に共演者が迷惑しているってんで、ガイシャをなだめるために高橋がしぶしぶ教えたものらしい」
 「高橋さんは迷惑してたって言うの?」
 「ま、状況から判断するに。だからその辺りを含めて、本人に確認を取っているってわけだ」
 お分かり?と、首をかしげる船越。
 自分の持つ高橋の印象と違う話に考え込む名取。
 「さ、後は俺らに任せて、先生は先に名古屋へ帰っていてください」
 船越に促され、名取は銀座中央署を後にするのだった・・・

 

 連日35.0℃以上の猛暑が続く日本列島。
 夕立が降ることもなく、都会は太陽熱を吸収し、自らの発する熱でますます気温が上がってゆく。

 そんな中、名古屋にある古びたマンションの一室で女性の変死体が発見された。
 女性の名前はさくら。
 源氏名ではない。
 発見したのは遊びに来た会社の同僚、川村ゆきえ(「どんど晴れ」の仲居・松本佳奈)。
 「1週間も夏休みもらったところで、何もすることがない!ゆきえ、遊びに来てよ」と、休み前に、さくらに強引に約束を取り付けられて来てみたのだと言う。
 しかし、自分から呼びつけておいたにも関わらず、何度チャイムを鳴らしても返事はなく、「さすがさくら先輩、約束忘れて出かけたんじゃない?」とゆきえは思ったが、念のためドアノブを回してみると鍵が開いていたので、部屋に入った。

 「さくら先輩?ひょっとして、トイレですか?冷たいものの食べ過ぎでおなか壊したとか?」
 ゆきえの問いかけに答える声はない。
 そのまま部屋の奥へ入っていくと・・・果たして、居間には倒れたさくらが!
 「先輩!?」
 さくらに駆け寄るゆきえ。
 手にしていたコンビニの袋が床に落ち、氷とペットボトルが大きな音を立てる。
 しかし、さくらがその音を聞くことはなかった・・・

 駆けつけた救急隊員によってさくらの死亡が確認され、警察が呼ばれた。
 ゆきえは第一発見者として警察の事情聴取を受けることになった。
 「それじゃ、あなたが呼ばれた以外は、さくらさんは予定はなかったと言うことですね?」
 ゆきえの話を確認する船越英一郎。
 「たぶん・・・退屈しのぎに休みの真ん中くらいに来てよ、と言われましたから」
 「部屋に呼んだのは、何か理由があったんでしょうか?」
 「どうでしょう?部屋の掃除でもさせるつもりだったかもしれません。時々、頼まれましたから」
 「その前から休みだったんですよね?掃除くらいご自分でされるのでは?」
 「暑いですし・・・片付けや掃除が苦手な人なんです」
 「あなた、それでよかったんですか?・・・いや、失礼。でも、ちょっと勝手だな、と僕は思うんですが」
 「普段は気のいい人なんですよ。ちょっと、変わってますけど」
 寂しげに微笑むゆきえに船越も微笑み返す。
 「ところで、”かずおき”という名前に心当たりはありませんか?」
 「かずおき、ですか?・・・確か、さくら先輩の好きな人の名前だったと思います」
 「好きな人?恋人じゃなくて?」
 「お付合いしている方はいなかったはずです。いれば、休みに私なんか呼ばないでしょう?」
 「それもそうですね。ところで、その方はどこの方かご存知ですか?」
 「役者さんだとか・・・なんでも、すごくかっこよくて一目惚れしたって。先日、舞台を見に行った際にアドレスを教えてもらったって嬉しそうに話してました。でも、その方が何か?」
 そこへ、若い刑事がやってきて、船越に耳打ちする。
 船越はゆきえに向き直った。
 「死因が判明しました。大量の血液が気管に流れ込んだことによる窒息死です」
 「血液?」
 「はい。それと、頭部に殴られたような痕がありました」
 「殴られた・・・誰に、ですか?」
 「それは分かりません。何かお心当たりはありませんか?」
 「いえ・・・多少、強引な人ではありましたけど、殺されるほど嫌われるなんてことはないと思います」
 「なるほど。みなさん、あなたのように寛大だと良いのですがね」
 こうしてゆきえの事情聴取は終わり、船越はゆきえを帰したのだった。

 「それで?被害者はあんなダイイング・メッセージを残したのよ?犯人はその”かずおき”って奴に決まってるじゃない!警察は何をやってるのよ!?」
 一人、鼻息を荒くしているのは監察医の名取裕子。
 今回、変死と言うことで現場に呼ばれ、さくらの検視や解剖を担当した際に、さくらが書いたと思われる「かずおき」と言う血文字を見ており、船越に「犯人だ!逮捕しろ!」と迫っているのだ。
 「その、ダイニングだかリビングだか知らないけど、そんなもんだけで犯人逮捕できたら俺達警察は万々歳だけどな。世の中そんなに甘くないんですよ、先生」
 「ダ・イ・イ・ン・グ!まったくもう!こんな基礎用語も知らない警察じゃ、そりゃ、犯人逮捕も難しいでしょうね」
 「なんだって!?まったく、素人が捜査に口出しなんかしないでくださいよ!こちらはこちらのやり方があるんです!」
 「だって、被害者はしっかり彼の名前を書き残しているのよ?死の間際に犯人以外の誰の名前を書くって言うのよ?」
 「そりゃ、色々あるでしょうよ」
 「色々って?」
 「・・・親の名前とか、ペットの名前とか、親友の名前とか」
 段々先細りする船越の声。
 「まぁったく話になんない!ここで油売ってる暇があったら、さっさと犯人逮捕してきなさいよ!」
 「言われなくたって行ってきますよ!・・・まったく、ほんと、口の減らない監察医だな」
 「何!?何か言った!?」
 「いーえ、なぁんも言ってません!それじゃ捜査に行ってきますっ!」
 軽く手をあげてそそくさと研究室を出る船越を見送り、名取はにやりと不敵な笑みを浮かべた。


<つづく>

※医学用語だの法律用語だの警察用語だのの知識はまったくないので、それらしいことを適当に書いています。<おいっ!
 その辺りのツッコミはご容赦ください!

Copyright © HUMBLE BLACK。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]