忍者ブログ
高橋和興ファンの戯言
01≪ 2018.02|12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫03
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新CM
[08/09 蓮]
[06/18 penguin]
[04/28 小林正明]
[04/10 小林正明]
[04/02 小林正明]
プロフィール
HN:
さくら
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨日のブログは和興ファンがMでなければ意味がいない視点で書いてしまったので失敗だった。
 しかも、本人からM宣言までされてしまって(<違う!)、そもそもの大前提が覆されてしまった。
 ・・・反省。
 やはり、ファンが何を求めているか、そこをきちんと理解しなければいけないだろう。

 ここは僭越ながら、ファン代表として私が和興に求めるものを挙げてみよう。

 まずは露出
 もちろん、額のことではない。下半身のことでもない。それじゃ変態だ。
 和興をマスコミがフューチャーするようになることが大事!

 手っ取り早いのは売名行為と言われようが、有名人と関係すること。
 小柳ルミ子は27歳年下の俳優と再婚するとかしないとか報道されているが、これで彼・石橋正高の知名度がアップすることは間違いない
 和興も話題性のある結婚・・・はして欲しくないが、世間に話題を提供してみて欲しい。

 ここはひとつ、梅宮アンナあたりと飲みに出かけてはどうだろう?
 そこで写真週刊誌に写真を撮られ・・・というのでは芸がない。
 それに、そんな醜聞、和興ファンは望んでいない。

 和興ファンが望んでいるのは役者としての露出!
 和興を世間に知らしめた特撮に出るというのは、ファンにとってもうれしいに違いない。
 よし!和興!梅宮アンナを口説き落とし、「アンナ隊員」として新しい特撮を撮るのだ!
 年齢は高いが、ルックスと話題性は十分だろう。
 ちょっとだけ、役者の私生活を反映してみると面白いと思う。

 ・・・ということで、以下は私が妄想した「アンナ隊員」のあらすじなぞ。

 和興の役どころは喫茶店のマスター。
 紅茶を淹れるのは妙にうまいが、料理はカレーなどの軽食メニューですら作ることが苦手。
 ウエイトレスのアンナに料理を勧めては断られてばかりいるが、アンナもマスターの淹れるミルクティーだけは口にする。

 そんな平和な日々を脅かす、悪の帝王・タツ王(梅宮辰夫)が率いる組織が活動する時、アンナはアンナ隊員として戦うのだ!
 タツ王が送り込む敵はすべてタツ王の子どもたち。
 アンナが戦いに勝つたび、兄弟を失った敵たちの、アンナへの憎しみは増していくのだ。

 殺伐とした戦いの中、アンナは敵の一人と恋に落ちる。
 しかし、結局成就できず、傷ついたアンナを、マスターの淹れるミルクティーが癒す・・・
 そして再び戦いの中に戻っていくアンナ隊員!
 そっと背中を見送る和興マスター。
 アンナの背中が見えなくなり、和興マスターも店を後にする。

 戦地ではこれまでになく激しい戦いが繰り広げられていた。
 苦戦するアンナ隊員!
 そこへ現れる黒い貴公子!
 黒い貴公子はアンナ隊員を襲う!
 戦いの中で、黒い貴公子の仮面が壊れ、和興マスターの 額 目が現れる!
 「マスター・・・なぜ?」
 恋人だけではなく、信頼してきたマスターまでもが自分の敵だったと知って呆然とするアンナ隊員。
 その隙を突いて、和興マスターがアンナに止めを刺す・・・

 勝利を喜ぶ敵陣。
 しかし、戦いは終わっていなかった。
 和興マスターは仲間であるはずの敵陣で一人、味方であるはずの者たちを次々と倒していく。
 そして、最後の敵、タツ王に対峙した時、死んだはずのアンナ隊員が駆けつける。
 和興は、アンナを救うため、タツ王を自らの手で倒そうと、アンナを仮死状態にしていたのだ。
 「アンナ!来るんじゃない!」
 和興の声に、彼の考えを悟ったアンナは叫ぶ。
 「私も一緒に戦う!」
 それを聴いたタツ王は嘲笑う。
 「兄妹そろって実の父に歯向かうとは・・・笑止千万!」
 「父・・・お父、さん?」
 アンナにとって、タツ王は実の父、そして、和興は異母兄だったのだ・・・
 アンナは初めて知る事実を受入れられない。
 「貴様が僕に帝王学を学ばせようとしたから、母さんは僕を連れて逃げた。でも、それでも、母さんは貴様を愛していた!それなのに、貴様は・・・!!」
 和興がタツ王に襲い掛かる!
 応戦するタツ王。
 激しい戦いが繰り広げられるが、アンナの目には何も映っていない。
 ピシッ!
 アンナの頬に何かが当たり、うっすらと傷がつく。
 その衝撃で我に返ったアンナが見たものは、タツ王に止めを刺される和興だった・・・
 アンナの脳裏にこれまでの和興との思い出が走馬灯のように蘇える。
 「うわーっ!!!」
 大声を発しながらタツ王に向かうアンナ隊員。
 アンナの存在を忘れていたタツ王は不意をつかれる。

 タツ王を倒し、和興の元へ駆け寄るアンナ。
 自分を抱き寄せたアンナに、和興は微笑みながら誘う。
 「帰って、ミルクティーでも、飲むべ・・・」
 力尽きる和興。
 泣き崩れるアンナ。
 アンナは本当の意味で強く生きていくことになったのだ・・・


 ・・・って、私生活反映したのは梅宮家だけで、和興は最後のセリフが訛ってるだけだし、すんごい大げさに書いてるけど、実はただの家庭内不和なんだけどな。

 

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
す、すごい・・・・
さくらさん・・・
今回のブログは、今までの中で、会心の出来ですよ!
なぜ「アンナ」なのかという疑問は残りますが、とにかく、すごいとしか言い様がない!妄想もここまで出来たら、たいしたもんです!!
チロル
2007/07/25(Wed)01:32:16 EDIT
無題
この台本、実用化されるといいですね(笑)
しかし、アンナと和興さんの、ラヴシーンの一つくらいあってもいいんじゃないんですか?キスの一つもさせないところが、さくらさんの乙女心を感じます(笑)
個人的には、アンナを口説くシーンとか、見たいですけど。
ペンギン
2007/07/25(Wed)01:41:29 EDIT
無題
さくらさん、このブログ(妄想録)だけで、あなた、本が出せますよ!
まぁ、和興さんの世間認知度が上がれば・・の話ですが。
MISA
2007/07/25(Wed)01:45:48 EDIT
ザ・妄想!
素晴らしくストーリーが出来上がっていますねえ!お話しを書くのに、妄想って意外と大切みたいですよ。某番組で大泉洋が美輪明宏さんに言われてました。
さて、道産子のあひるとしては、北海道が誇るTEAM-NACSの誰かと共演して欲しいですねえ。お互いの相乗効果で知名度上がりませんか?逆に、ローカル過ぎてスルーされるかしら…。
あひる
2007/07/25(Wed)10:39:43 EDIT
まとめてお返事!
チロルさん>
元恋人の羽賀研二の事件で梅宮アンナがマスコミに出てきた時に「アンナ・・・アンナ隊員か」と思ったのがきっかけです・・・
えぇ、分かってます、オタク風味が漂い過ぎてるってことは。

ペンギンさん>
えぇ、実用化してもいいように「兄妹」という設定にしましたから!(爆)
口説くところからドラマ化した場合、ドラマがヒットして和興が売れっ子になってアンナに恨まれる、という悪役の話になる予定です(笑)

MISAさん>
私の妄想録が本になって、そこから和興が売れる・・・という展開もありかも!!
・・・ないない。絶対、ありえませんわ。

あひるさん>
妄想だけで生きてますから<おいっ
TEAM-NACKSかぁ・・・あっ!それならアレでしょう!
ということで、今日のブログねたにさせていただきます!
さくら
2007/07/25(Wed)19:36:46 EDIT
脚本頼みたい!
最高最高最高です 東映本社へ 直談判しに行くょ
kazuokiです
2007/07/27(Fri)02:08:31 EDIT
Re:脚本頼みたい!
こんなのでよければ・・・って、ぜひ、実現してください!!
絶対、ラブシーンは認めませんけど!(自爆)
【2007/07/27 19:26】
この記事へのトラックバック
TRACKBACK URL :
Copyright © HUMBLE BLACK。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]