忍者ブログ
高橋和興ファンの戯言
10≪ 2018.11|123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/09 蓮]
[06/18 penguin]
[04/28 小林正明]
[04/10 小林正明]
[04/02 小林正明]
プロフィール
HN:
さくら
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨日はついつい和興を特撮役者ならぬ、特撮そのものにしてしまったのでちょっと反省。
 やはり、和興にオスカーをとってもらうなら、和興の特徴を生かすべきだろう。
 もちろん、作品選びも重要だ。

 最近、アカデミー賞候補と騒がれている「ハリー・ポッター」。
 これまでは「お子様向け」と言った評価だったのか、アカデミー賞のアの字も出てこなかったが、役者陣の成長とともに映画の質もあがってきたようだ。
 さらに、熱狂的なファンたちによって当初から予定されていた7巻で終わらせず、続きを書いて欲しいという要求まで出ている。
 話題性は十分。
 和興のルックスなら、あちらの役者達にも見劣りしない!

 ここは冒険して、映画オリジナルキャラを作ってみてはどうだろう?

 第一作「ハリー・ポッターと賢者の石」ではチェスのシーンが出てきた。
 それでは、ここは和興らしく、麻雀で勝負だ!

 

 和興「ふふふ。東洋のチェス、麻雀で勝負だ!」
 ハリー「麻雀って?」
 ハーマイオニー「さぁ?魔法とは関係なさそうよ」
 ロン「僕、初めて聞いたよ」
 
 和興の言葉に首をひねって、和興を無視して次の部屋へ行こうとする3人。
 
 和興「ちょ、ちょい、待ち!待って!待ってください!」

 慌てる和興を振り返る3人。あきらかにウザそう。

 ハーマイオニー「なに?まだ何か用があるの?」

 ハーマイオニーに声をかけられ、ぱぁっと 額 顔が輝く和興。

 和興「ルール説明するからさ、一局だけ勝負しようよ。いや、してください!」

 ハリー「付き合ってあげたいけど、僕達、急いでるんだ」
 ロン「僕、ルール説明されてもそんなにすぐに理解できないよ」
 ハーマイオニー「そういうことだから。じゃ、みんな、行きましょ」

 ハーマイオニーに促され、3人は次の部屋へ。
 そして和興は麻雀卓の前にぽつんと取り残されるのだった・・・

 

 ・・・って、やはりオスカーをとるのは難しいな。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TRACKBACK URL :
Copyright © HUMBLE BLACK。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]