忍者ブログ
高橋和興ファンの戯言
07≪ 2018.08|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/09 蓮]
[06/18 penguin]
[04/28 小林正明]
[04/10 小林正明]
[04/02 小林正明]
プロフィール
HN:
さくら
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 秋の虫が鳴き始めたと思ったら、今日は蝉ばかりで季節感を失いそうになっているさくらです、こんばんは。

 さて、わんわん鳴いている虫たちとはウラハラに、先週から巷を賑わせている「沢尻エリカだんまり事件」。
 主演映画の舞台挨拶で腕組みしたまま終始だんまり、質問にも「別に・・・」としか答えない。
 しかも、フォローしてくれてる人を睨みつける、という前代未聞のできごと。
 結局、昨日だかのブログで自分が全面的に悪い、と反省の気配をみせている模様。

 しかし。
 私個人の評価は、役者として失格

 そりゃ、役者なんだから芝居さえちゃんとすればいいし、私生活がどうのなんて関係ないけど、舞台挨拶は役者の仕事の内でしょ。
 気分が乗らなかろうが、嫌なことがあろうが、その場では「役者と言う役」を演じてもらいたい。
 それを望むことはわがままだろうか?

 ファンの望むことをすべて叶えようとすることは無理だと思う。
 (例えば、私なら、街中で声をかけられた時にも「役者」を演じた上で「プライベートだから」と断って欲しい・・・けど、プライベートな時にまで役者を望むのはわがままだよな、と) 
 だけど、役者としてファンの前に立つ時には、きちんとその役を演じきって欲しい。

 そういう意味で、6月の舞台後の和興は素晴らしかった!
 役者陣が観劇後のお客さんをお見送りするのだけれど、その舞台で演じていた役からは離れ、だけど、和興と言う役者として一人ひとりのお客さんに接していたから。
 そうして当たり前、と言われればそれまでだけれど、これだけ露出の高い女優がこういう事件を起こすと、その当たり前が妙に貴重なものに思えちゃうんだよなぁ。

 まぁとにかく、和興の役者っぷりをぜひ一度、ご覧ください!!>みなさま
 チケット購入はHPのNEWSからどうぞ。
 「和興さんファンである」旨、明記をお忘れなく!!!

 


PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
う~ん・・・
若くて売れちゃうと仕方ないんでしょうか?でも、そのまま年取ると、後が大変そうですね。
ペンギン
2007/10/03(Wed)01:19:13 EDIT
この記事へのトラックバック
TRACKBACK URL :
Copyright © HUMBLE BLACK。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]